インフルエンザとロキソニン

インフルエンザの時に、『ロキソニン(一般名:ロキソプロフェン)』などの解熱鎮痛薬(NSAIDs)を使用すると、「インフルエンザ脳症」を誘発し、重症化させることがあります

 そのため、発熱や痛みがあっても、安易に解熱鎮痛薬を使うべきではありません。

成人の場合は、インフルエンザであっても医師が『ロキソニン』等のNSAIDsを処方するケースはありますが、基本的にはインフルエンザの時の解熱・鎮痛には、安全な『カロナール(一般名:アセトアミノフェン)』を選ぶことをお勧めします。

NSAIDsに分類される解熱鎮痛薬は、インフルエンザの時には使ってはいけないと「禁忌」に指定されている薬があります。